場﨑惠 絵画展  8月12日(水)~8月24日(月)

 石狩市在住の場﨑惠さん北都館では初となる個展です。長い間教員生活を送り、画業も初個展が1985年で以後個展も数十回を重ね道展会員として制作発表を続けるベテラン画家。現場主義で自らの車に画材を積み20号大の風景を描くのが気持ちいいと、地元石狩近郊を中心に道内各地を巡り、春夏秋冬の表情を空気が澄んだ明るく爽やかな色調で表現しています。今回は油彩9点と水彩スケッチ8点を展示。油彩は埋め立て前の小樽運河や海の景色、道庁の秋。水彩は石狩の冬景色、北大銀杏並木や羊蹄山など。その景色の中に光と影、空気感が現れ輝いています。お盆を挟んでの二週間の会期、なじみの風景に囲まれ癒しのひとときお過ごし下さい。

    作品名

 油彩 M15:樽神威岬、小樽運河橋の下、道庁秋 

    F10:滞冬の小樽運河、古木と水芭蕉、石狩川河口冬の漁、桃岩(小樽)

    M10:豊浜(小樽)

     F8:豊浜(夏)

 水彩 変形8:石狩市(高岡)、石狩市厚田区嶺泊の春、石狩市樽川風景、石狩市樽川牧舎

    F10:北大銀杏並木

    F6:春の道庁庭、向日葵と羊蹄山

    F2:樽前山